【2022年最新】読み放題できるおすすめBL漫画>>>

『美しい彼』公式ビジュアルブック・短編小説『金木犀』ネタバレ感想

BL 実写

遅れて見始めた実写ドラマ『美しい彼』のドラマにすっかりハマり、流れるようにビジュアルブックを購入してきました。まだ見終わって数日だというのに余韻が冷めない……これが沼か…!

公式ビジュアルブックは一時品切れでなかなか購入ができなかったようですが、再販を無事ゲットできました!

内容に触れながらドラマをとことん語っていきたいと思います(笑)

以下ドラマのネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意ください。

『美しい彼』公式ビジュアルブックの内容

TVドラマ「美しい彼」公式ビジュアルブック
TVドラマ「美しい彼」公式ビジュアルブック

TVドラマ「美しい彼」公式ビジュアルブック

[著]「美しい彼」製作委員会 : MBS : 凪良ゆう

とにかく美しいキービジュアル

撮り下ろしのグラビア&オフショットが330点収録されたビジュアルブック。とにかく本当に美しいこと…(拝)清居役の八木さんはもちろんなんですけど、キャラで忘れてしまいそうですが平良役の萩原さんもやっぱりお顔がいい…!八木さんは本当に芸術品ですか…?と目を疑いたくなるほど端正な顔立ちながら、萩原さんはビジュアルブックでも触れられていましたがとにかく目の印象が強い。

八木さんは清居のように似て凛とした佇まいが通ずるところがありますが、萩原さんは平良をやっていたと思えないほど印象が違う…作品によって全く表情が違うので演技派なんだなぁと感心してしまいます。

2人のクロストークは本当に仲がいい…!!(合唱)

撮影の裏側の映像もそうですけど、微笑ましいほどの距離感の近さ、気を許しあってる感じが見ているだけで多幸感!年は違いますが、八木さんがお兄ちゃんのような同級生のような和気あいあいな感じがいいですよね!

撮影の裏側は6話の告白シーンを序盤に撮っていたことが驚き!!あのクールな清居が爆発する感情をコントロールできるあたり本当に感情の入れ方がすごい、だって1話と6話の清居って本当に同一人物…?と思えるほど可愛すぎません???(?)

目の演技に触れられていることは嬉しかったです。とにかく清居の感情を目の温度で感じることが多かったので、手の甲へのキスシーンの瞬きや嫉妬の視線、目で追ってしまったり、感情が動くシーン、演出ももちろんですけどとにかく目の演技に感動しました。

ひろきよギャラリー

インスタントカメラで撮り合いなんてそんなエモいことを!!もうエモすぎる写真集じゃないですか、この写真だけで買う価値あり!!むしろこのアナログカメラで補正なしでこのお顔の美しさとは……!個人的にはみんなで写ってる写真とか本当に学生生活の卒業アルバムのようでエモすぎる〜〜演出がすごい!!

とにかく女の子がこんなに可愛いのに、清居はなぜ平良を選んでしまったのと言いたくなるほど()清居が学校でカリスマ的存在なら、小山はガチ恋してしまうタイプ…こんなにいい人でカッコよくて可愛くて背中を押してくれる、そんな彼の幸せをどうか描いてください(?)

平良が撮った清居コレクション

またそんな…演出上手すぎですか…?(歓喜)これは全部「彼氏とデートなう」に使っていいですか?平良だけのものですか???やっぱり平良の家での2人の花火シーンが大好きなので、私もファインダー越しに見つめたい…むしろカメラを撮る平良の壁になりたい……。

ちょいちょい男子高校生なノリが愛おしい。

絵コンテ

ファンからするとこういった演出の裏側や絵コンテが大好物です。1シーン撮るのにどれだけ練られて制作されるのかが垣間見れてドキドキします。

マシンガンの印象が強いですけど、原作小説をどう映像として魅せるかって難しいと思いますが、映像ならではの演出って映像映えしていて引き込まれるものがあります。

平良の清居のことを思い眠れず、写真を隣に置いて布団をかけてあげるシーン、「おねんねカット」は最大限に可愛く気持ち悪く(褒め言葉)演出が光ってますよね!!

そして立ち位置や目線のこだわりも素敵でした。ひらきよだから基本的に2人の映像は左が平良で右が清居のポジションを守りつつ、シーンに合わせた引き画や目線の位置など細部まで考えられていてただただ感動……。

3話の手にキスする平良視点と、5話の清居視点、前話のキラキラした学生時代と後半の揺れ動く思いの葛藤の対比も上手に切り取られていて、心の動きが感じられて引き込まれました。

裏側を知って後にドラマを見返すとさらに楽しめますよね。最後の二人乗りシーンはとりあえず10回は見ました(?)恋してますやん……

番外編短編小説「金木犀」

原作者・凪良ゆう先生の書き下ろし短編小説…

これはもしかして高校時代のトマスジュースの事件後の平良の家で清居と過ごした秋の1ページですか…!?(涙)

買い出しに行った平良を待つ清居なんて愛らしいんだろう…!群れるのもひとりはもっと嫌いな清居は買い出しにもついていきたかったんだね…。

そして心のどこかで告白を期待していて眠りにつく清居と、買い出しから帰るなり寝顔に窒息死寸前になる平良。尊すぎて合唱。この小説を見ながら3話の縁側シーンを見返すと胸がいっぱいになります。清居は平良からの告白を待っていたんだという喜びと、これ以上は近付かないよう堪えながらとりあえず寝顔をカメラシャッターは撮り続ける平良()ドラマでもください…!

おわりに

続編はあると信じてます!!憎らしい彼〜とずっと続いてほしい…6話じゃ全然足らないので映画化〜と様々な展開を期待してます!!お願いします!!!!!(圧力)

追記:ほんとに映画化決定!!!ファン歓喜!!!!

タイトルとURLをコピーしました