【2022年最新】読み放題できるおすすめBL漫画>>>

アニメ3期・魔道祖師完結編オープニング『如许』日本語訳

BL作品

アニメ3期のオープニングに秘められた藍忘機の魏無羨への想いに泣いてしまいそうになりました。直訳しているため誤りや解釈の違いがあるかもしれませんのでご注意ください。

魔道祖師完結編オープニング『如许』日本語訳

如许 我当光风霁月抚琴觅笛音

私を許して胸中にこだわりがなくあっさりすることになって琴を撫でて笛音を尋ねるように

(もしそうなら、私は琴を奏て、笛の音を見つけよう)

如许 我叹魂梦几番人世凄雨

嘆き私を許せば御魂の夢の幾の番世の寂しい雨

(ため息ついて、世界のみじめな雨を夢見た)

翩翩少年潇洒写意

瀟洒に少年鷹揚な写意

(颯爽とした青年)

清风两肩影

清風両肩の影

(両肩に風が吹く)

一眼酿进山川朝夕

一目で山河を醸造し入って夕に向けます

(山並みと夕陽を垣間見る)

如许 我驱得乾坤断这纷乱境遇

私を許して天地がこの乱れた境遇を断ち切るほど駆るように

(そうすることで、世界の混沌を追い払うことができる。)

如许 我知宿命触及痛难自愈

私を許して宿命が当然癒えるのが難しいことを痛めることに触るか知るように

(私の運命の痛みはなかなか癒えないが)

剑鞘余痕留铮鸣

剣の鞘は痕を余して光ることを残して鳴ります

(剣の鞘の残骸が鳴り響く)

往事附耳天地听

昔の事は天地は聞いて耳打ちして

(過去は天地の耳に聞こう)

一世命如风走笔诠评

1世の命は風のように筆を歩いて評価することを説明して

(風のような人生)

唤醒那搁浅光阴坚守的约定

その座礁光陰の詰め切りの約束を起こします

(取り残された時間の約束を呼び覚ますために)

一曲陈情叹平生意

1曲は陳情して嘆いて商売を平らにします

(愛と哀しみの歌/陳情の歌)

你问凡尘过往被珍惜的真心

あなたはすべての塵の行き来珍重される本心に聞きます

(過去に大切にされた心を問うのです。)

何曾畏惧过别离

何曽は離れてはいけないことを恐れれたことがあります

(別れを恐れたことはありますか?)

如许 我愿肆意成全你守的侠义

私を許してあなたをほしいままに助けて守りたい仁侠のように

(もし私が、あなたが守っている弱きを助け強きを挫くために体を張る自己犠牲的精神を満たしたいと思っていたら)

如许 我赴时光推移你的记忆

私を許して時間へ行ってあなたの記憶を推移するように

(もし、私があなたの記憶に戻るなら)

青山竹林霁雾攀云

青山竹薮の霽の霧は雲によじ登ります

(緑の山々と竹林が霧を晴らし、雲に登る)

指一方天地

一方天地を指します

(世界の片隅を指す)

一坛畅饮喧嚣风雨

1の壇は騒がしい風雨を痛飲します

(嵐の喧騒を飲み干す壷)

如许 我携星云涟漪听你道期许

私を許して星雲のさざ波を携えてあなたの通りが期待することを聞くように

(もし私が星雲とあなたの約束を聞いていたら)

如许 我同心思澄明你的坚定

私と考えの清かなあなたの筋金入りを許すように

(私はあなたの堅固さを私の心で明らかにします。)

年少桀骜的落笔

若い桀駿馬の書き始め

(若かりし頃の手に負えない筆)

江湖未祛真性情

世の中はまだ真性の気持ちを取り除きません

(本性はまだ払拭されていない)

岁月坦荡续无悔历经

歳月、平気に無の悔を継ぎ足してしばしば経験します

(悔いなく年月を重ねた)

唤醒那搁浅光阴坚守的约定

その座礁光陰の詰め切りの約束を起こします

(取り残された時間の約束を呼び覚ます)

一曲陈情叹平生意

1曲は陳情して嘆いて商売を平らにします

(愛と哀しみの歌/陳情の歌)

你问凡尘过往被珍惜的真心

あなたはすべての塵の行き来珍重される本心に聞きます

(過去に大切にされた心を問うのです。)

何曾畏惧过别离

何曽は離れてはいけないことを恐れれたことがあります

(別れを恐れたことがありますか?)

前行那由你汇成光河的初心

それはあなたから光の川の初めの心を送金し上げて前進して

(あなたが最初の心にした光の川を歩いてください)

奔流进我梦的疮痍

激しく流れ入る私の夢の切り傷

(私の夢の傷に流れ込む)

饮尽沧海波澜曾有月满共情

滄海の打ち砕ける波を尽くしを飲んで以前月が全部でいっぱいである気持ち

(海の波を飲み干し、愛に満ちた月があった)

是与你天涯同行

あなたの天涯と同行します

(世界の果てまで君と歩こう)

魔道祖師完結編オープニング『如许』英語訳

約束通り、あなたが守ろうとした信念を実現するために、私は全力を尽くします
約束通り時を進めて君との思い出
青い山と竹林の雲に霧が立ち昇る
空と大地の間を指す
時は旅を続ける 悔いなく
立ち往生した過去の約束を目覚めさせて
陳情の旋律、人生の意思と運命にため息
この平凡な世界で 大切な誠実な心を問うことができる
別れと距離を恐れたのはいつ?
広大な海を飲み干し そびえ立つ波 僕らに響いた満月
どこにいてもそばにいるよ

タイトルとURLをコピーしました