【2022年最新】読み放題できるおすすめBL漫画>>>

心温まる「家族」をテーマにしたおすすめの子持ち・子育てBL漫画5選

BL作品
猫店長
猫店長

心温まる「家族」をテーマにしたホームドラマ。おすすめの子持ち・子育てBL漫画5選集めてみました。優しい作品から考えさせられる作品まで、同棲ならではの葛藤や家族としての絆、心が優しくなれる作品までぜひ参考にしてもらえたらと思います!

おすすめの子持ち・子育てBL漫画5選

嫌いでいさせて

嫌いでいさせて【電子限定かきおろし付】
嫌いでいさせて【電子限定かきおろし付】

嫌いでいさせて【電子限定かきおろし付】

[著]ひじき

Ωである雫斗は非力で学生時代にヒートによりαに侵され孕ませてしまった。生まれてきたしっかり者の愛娘・しずくを自分1人で守っていこうと番を作らず親子2人で過ごしてきた。2人での生活は幸せだったが、幸せだけでは生活ができないため職を探す雫斗。しかしヒート(発情期)時に社員を誘惑されたは困るとΩというだけで門前払い。母親に勧められて乗り気でない婚活パーティーに参加した雫斗は急に1人の男性から「あんたは俺の運命の番だ」と腕を掴まれる。αに対してトラウマのあった雫斗は逃げるように立ち去るのだが、その男性はやっとの思いで就いた清掃員の学校の生徒だった。

何度も「好きだ」と攻め寄ってくるαの葉月と名乗る男。他のαはみな自分がΩだからだと蔑んできたが、ヒート中も本能に流されまいとΩである雲斗を守ため自分の腕を噛み理性を保とうとする葉月。まだαと接するのが怖い雫斗が娘を愛し愛されながら、そして葉月に支えられながら少しずつ強くなっていく物語。

Ωの非力な立場だとか、そんな彼から生まれた娘の強がりや寂しさだとか、葉月の心からの優しさだとか胸に沁みる作品でした。家族の温かさと、本当に大事な人がそばにいてくれる安堵感を教えてくれるお話です。

ただいま、おかえり

ただいま、おかえり
ただいま、おかえり

ただいま、おかえり

[著]いちかわ壱

心暖かくて落ち着いて読める癒されたい時に読みたい作品。ハートフルなホームドラマのようなBL。「家族」をテーマにしたエリートサラリーマン・弘×劣等感を持った専業主夫・真生、そして2歳になる息子・輝に支えられて優しさに包まれたお話です。劣等感を抱えた真生がΩである自分の生きてきた過去と向き合い、家族と友人の中で強く優しく成長する姿に胸が熱くなりました

僕らの食卓

僕らの食卓
僕らの食卓

僕らの食卓

[著]三田織

実の両親を幼くして亡くし親戚の家に養子として迎えられた豊。両親の仕事が忙しく子供だけで食事をすることが多かったため、「幸せの食卓」の記憶がない。誰かと食事をすることが苦手だった豊が1人昼食をとろうとして出会ったのが兄弟の穣と種。彼らと一緒に食事をすることが増え誰かと食事をすることがこんなにも楽しくて幸せなのだと気付かされた深くて心温かい作品。些細な幸せも3人なら大きな幸せとなって共有して心安らぐものなんだと、「家族の在り方」と「誰かと繋がる喜び」を教えてくれる優しいお話。3人のその後も垣間見えて幸福感で満たされます。

家族になろうよ

家族になろうよ【Renta!限定描き下ろし付】
家族になろうよ【Renta!限定描き下ろし付】

家族になろうよ【Renta!限定描き下ろし付】

[著]倉橋トモ

幼馴染で恋人の和馬と千秋は8年経ってもラブラブ。そんなある日、海外で仕事をしていたもう一人の幼馴染・巴がまさかの妊娠!1歳になった頃そんな幼馴染のお願いから娘・亜弓を預かることに。ママに代わりに子育てに奮闘するゲイカップルのお話。亜弓ちゃんの存在により二人の生き方に少しずつ影響される様子が心打たれました。亜弓の成長につれ、愛情や絆が深くなって読み返すと感慨深いです。幸せな気持ちになる作品です。

ひらひら満ちる

ひらひら満ちる【電子限定おまけ付き】
ひらひら満ちる【電子限定おまけ付き】

ひらひら満ちる【電子限定おまけ付き】

[著]りーるー

家族も愛せなかった教師(ノンケ)と、家族に愛されなかったガテン系男子(ゲイ)の二人が、両親を事故で亡くした妹の子供を引き取り、三人で新しい家族を作っていくお話。笑ったり泣いたり素敵なホームドラマでした。縁のなかった二人が天真爛漫な妹の子・天と一緒に家族となっていきます。すごく胸を打つ場面が多くて、BLという括りだけでなく考え得させられるお話です。

番外編:おすすめ子育てBL映画『his』

2020年に公開された「his」ゲイカップルだった二人が子育てをするというリアルさを描いた、LGBTの題材にしたマイノリティのその先を描いた作品です。相手を思い別れを切り出した渚と、裏切られたと深く傷を負い誰も知っている人のいない町田舎でひっそり暮らすようになった迅。

そこに突然元恋人の渚が娘・空を連れ現れます。周りの目を気にしゲイを隠し結婚を選んだ渚でしたが、どうしても迅を忘れられず奥さんにも「ゲイ」ということがバレてしまいます。本当に愛した男が「ゲイだった」とても受け入れ難くて不誠実だと感じてしまう真実。どの立場から見ても幸せを求めながら、リアルな現実を描きながらもそれでもこんな優しい世界でありたいと思わせてくれる深い深い作品。最後の余韻が今でも忘れられません。

公開当初あまりに鳥肌が止まらず3回観に行きました…たくさんの人にみて貰いたい。

おわりに

元々家族ものに弱いですが、どの作品もやっぱり家族っていいなと思わせてくれる作品たちです。心穏やかに優しいBL作品を見たいときにぜひ読んでみてください!

他のおすすめBL作品はこちら
タイトルとURLをコピーしました