【2022年最新】読み放題できるおすすめBL漫画>>>

オールドファッションカップケーキinマイピクニック最新話3話【ネタバレ】

BL作品

ドラマの放送日が近づいてワクワクな今日…ドラマは全5話ということでどこまで描いてくれるんだろう…!withカプチーノまで描いてくれたら嬉しいのだけど、(ただ温泉旅行に行く二人が見たい)それはないのかな?とにかく待ち遠しいです!!

そんなオールドファッションカップケーキの続編!inマイピクニック最新話3話のあらすじと感想になります。最新話をいち早く読みたい方はihr HertZ 7月号をチェックしてみてください!

以下ネタバレを含みますのでご注意ください!

オールドファッションカップケーキinマイピクニックこれまでのあらすじ

職場の中村から結婚報告を受ける野末。合コンに誘ってばかりだった彼が結婚すると聞いて驚きながら、社員同士で自販機のドリンクで乾杯をします。野末は社員の話に耳を傾けながら、結婚トークに共感し自分が職場でカミングアウトできないことにもどかしさを感じるのでした。

新しいメンバーも普通に家族の話をするから、自分も結婚していることをカミングアウトしても大丈夫なんじゃないかと同僚の柿谷と桐島に相談する野末。

しかしまだ一緒に暮らしはじめてひと月も経っていないからまだ早いんじゃないかと反対をされ、「お試し同棲とかじゃないよ」と外川とずっと一緒に人生を過ごすんだと二人に話します。

ただの惚気話が同性間の話だと前置きしないといけないことが、日常生活に違和感とか疎外感とかそういうのが常にある野末の生き難さを同期二人は受け止めるのでした。

オールドファッションカップケーキinマイピクニック3話あらすじ

飲み会から帰ってきた野末は家の鍵を持っていながらもあえてチャイムを鳴らして外川の迎えを嬉しそうに待ちます。「おかえりなさい」と迎える外川と、「ただいま。」と笑う野末。野末から預かったスーツの上着にはなぜかまたポケットにナッツが入っており、「リスなの?」と不思議がる外川。

振り返ると、嬉しそうに微笑みかける野末に可愛さのあまり顔をおさえます。野末からお酒の匂いはしないのに、酔ったように抱きつく野末。嬉しさのあまり、野末をキスをしながら匂いをくんくん吸い出します。

そんな戯れ愛をしながら外川は野末の足の上に乗りネクタイとボタンを外します。キスをしながら「…野末さん、風呂入ってきて。」と、声をかけます。

今日は外川に話があるからと連絡を取り合っていた二人。外川は野末のズボンを脱がし、その前にお風呂をと促します。たいした話ではないと野末は言いますが、こないだから変だとお風呂へと連れて行きます。

野末はお風呂に入りパジャマ姿で、ベッドで待つ外川の隣に腰をかけ、ずっと様子が変で痩せた様子の野末に話を聞き出そうと沈黙が流れます。昔話を交えながら野末は引き出しから指輪を取り出し「…俺は、これ、会社にして行けない。」と寂しそうに話します。

付き合っていた頃に距離を置こうと言われた一件があるので、今度は何を言われるのかとビビっていた外川は安堵します。

会社でカミングアウトするのは外川の気持ちや転職を台無しにするよねと、指輪を会社にしていきたい様子の野末。

外川は夜の散歩に行こうと野末と持っている指輪をしまい、夜道を歩きます。仕事帰りでも読み歩いた帰りでもない夜道を嬉しそうに歩きながら二人はCafe &Barの看板を見つけるのでした。

オールドファッションカップケーキinマイピクニックネタバレ感想

やっぱり空気感というかリアリティさというかちょっとした表現が本当に上手だなぁと思います。野末さんが言い出しづらい感じだとか、その様子から外川は何かあったのか勘づいちゃうところ。野末は社員の様子から自分もカミングアウトしたくなって、指輪をしていけないもどかしさでぐるぐるしちゃって、外川はそんなことで…!?って驚いちゃう。

元々ノンケの野末さんの当たり前を当たり前にできないことへの悩みと、ゲイの外川は公にできないことは当たり前だと思っていて。

withカップチーノに比べて明らかに二人の距離が近づいて幸せそうでただいまとおかえりを言える関係性に嬉しくなるのに、この幸せをもっと共有できたら!って思いますよね。愛され野末さんなのでなおさら。それを受け入れてくれたらきっと外川も隔たりがなくなって生きやすくなりそうなのに、現実的にまだまだマイノリティなところがあって同期二人でさえ素直に祝福はできない。

でもあのどこまでも隠し通したかったはずの野末さんがカミングアウトしたくなるほどの幸せってほんとも〜〜外川ってことは〜〜〜〜もっと愛されて!!!!!

部屋にダンベル置きっぱだったりするのにパジャマとか用意しちゃう尽しっぷり。屁をこいちゃうありのままの生活。夜の散歩に連れ出してくれたり、本当の「ふうふ」のようで愛おしい。このシリーズ丸ごと大好きです。

タイトルとURLをコピーしました